介護給付金をファクタリングで得るメリット

介護給付金とは、公的介護保険から介護事業所などに対して支払われるキャッシュのことです。

介護サービスを受けた際には、公的介護保険による補助を受けることができます。つまり被保険者はサービス料金の全額を支払う必要はないと言うことです。一方、介護事業所は残りの部分の支払いを公的介護保険の保険者である市区町村に請求します。
その請求を受けて、市区町村は介護給付金を支払うと言うのが一連の流れです。

この一連の流れ、請求から介護給付金の支払いまでには2ヶ月の期間が必要です。

そのため事業所によっては、キャッシュが確保できるまでのその2ヶ月が苦しいと言うことも考えられます。

魅力的なlivedoorニュースの有益な情報をお届けします。

ファクタリングは、介護給付金の支払い待ちである売掛部分をファクタリング業者が何割かで買い取り、そのキャッシュを介護事業所に支払うと言う仕組みです。

幅広い分野のファクタリングに関してとにかく簡単に調べられます。

つまりファクタリングを利用すれば、保険者から給付金が支払われるよりも早くにキャッシュを確保できると言うメリットが発生すると言うことです。



このことは介護事業所にとっては、財政の健全化や経営の安定にとって大きな意味があると言うことができます。

また融資とは異なり、債務扱いにならないこと、金利などが発生しないこと、返済の必要がなく審査を受ける必要も、担保も必要ないと言うのもメリットです。

一方、介護サービスを受けている人にとっては、ファクタリングはあまり関係がない仕組みと思う人も多いかもしれません。
ですがサービス提供事業所の経営が安定していることは、利用者にとっても大切なことです。


ですから利用者に対するサービスの提供や質が安定すると言うのも、介護給付金をファクタリングで得るメリットだと言えます。

top